スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーサーの起源とその諸説~第三回

富盛の大獅子



シーサーは風水とも密接な関係にあります。
むしろ風水の産物とも言える所であります。

民間で用いられる今の形である村落獅子の最初の一体であり、沖縄最古のシーサーと言われる「富盛の大獅子」は、沖縄の石彫獅子のうち最古最大といわれ、1689年に設置されたものです。この獅子の目線の先には,火の山とされる八重瀬嶽があります。当時、村では度々火災があり風水師に相談したところ、近くにある八重瀬岳が火災を招く山なので、その山に向けて獅子を置けば大丈夫だと言われ設置した物と残されています。1689年と言うのは薩摩による支配が始まって80年ほど後のことです。この大獅子は見たところ、狛犬に良く似ており、それ以前に設置された獅子像に似ておらず現代の陶製のシーサー(獅子)にもあまり似ていないようです。また、これをモデルにしたとされる沖縄各地の石彫獅子にも似ていません。一つ分かるのが口を開き阿の形を取っているという事です。

人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 史跡 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 沖縄!シーサー陶芸体験工房 琉球窯 マタニティライフin沖縄! | ホーム | 沖縄!シーサー陶芸体験工房 琉球窯 花見のお供に♪ >>


コメント

トラックバックありがとうございました。

シーサーに関して以前から興味があったので、ぜひ参考にしたいです。

また寄らせてもらいますね。
それでは、応援ポチで失礼します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。